有料老人ホームってどんな所?

有料老人ホームといっても、サービスの内容により様々なタイプに分けられますが、一言で言えば、高齢者向けの居住施設です。大きく分けると以下の3つのタイプに分けられます。

「介護付」 「住宅型」 「健康型」

「介護付」とは?

サービスの一環として介護のサービスが受けられる有料老人ホームです。入居時の健康状態は介護が必要な状態でなくても、将来的に介護が必要になった場合に、その有料老人ホームが提供する特定入居者生活介護というものを利用しながら、その施設に入居し続ける事が可能な施設を、介護付有料老人ホームと呼んでいるようです。

豆知識

介護付有料老人ホームにおいては、
介護のサービスを有料老人ホームの職員が行うものを→「一般型」
外部の介護サービス事業者が行うものを→「外部サービス利用型」
というように分けているようです。

「住宅型」とは?

介護のサービスは付いてはいないけど、生活する上で様々な支援を行ってくれる施設です。将来的に介護が必要になった際には、本人の希望で外部団体の介護サービスを利用しながら、その施設に入居し続けることが可能な施設を、住宅型有料老人ホームと呼ぶようです。

「健康型」とは?

一般的には食事サービスが付いている高齢者向けの居住施設で、介護型や住宅型とは異なり、入居をし続けながら介護のサービスを受ける事は出来ないようで、将来的に介護が必要になった際には、施設を出なくてはならないのが、健康型有料老人ホームと呼ばれるようです。

有料老人ホームの利点

いずれの有料老人ホームにおいても、様々なサービスが受けられるのがこの施設の特徴です。
高齢者向けの個人の居住スペースが与えられます。
入浴や食事、娯楽施設などを入居者で共有できる。
身の回りの事を介助してもらえます

しかし、施設によってどれくらいの介護支援が出来るかは異なってくると思いますので、事前に良く調べておく事は最重要課題です。しかし有料老人ホームは医療機関ではないので、医療行為そのものを行うことは出来ませんが、日常的に健康診断を行ったり、嘱託の医師を定めたり、医療機関と提携を結ぶ事が殆どのようです。また、施設内に隣接して医療機関が設立されているなど、より優れた有料老人ホームもあるみたいです。

入所を考えるときは念入りに…

これまでに述べた事は有料老人ホームのほんの一部の情報です。ご自分でもちょっと調べただけでも様々なタイプがあって迷ってしまいますよね。ですから、まずは自分がどんなサービスを望んでいるのか、どのような生活を送りたいかという具体的な希望を書き出してみてはどうでしょう。

  • 有料老人ホームの資料を取り寄せる
  • サービスや設備を検討する
  • 費用がどれだけかかるか把握する
  • 体験入居などをしてみる

分からない事や不安な事は曖昧にせず、必ず施設のスタッフに聞いてみましょう。第二の人生を楽しくすごすために有料老人ホームの間違いない選び方を!

おすすめWEBサイト 5選

SHAPERS FINの販売
http://item.rakuten.co.jp/two-surf/c/0000000239/

最終更新日:2017/1/23

 

↑TOPへ