高齢者専用住宅

高齢者の住まいとして最近注目されているのが、高齢者専用住宅と呼ばれるものです。有料老人ホームとの位置づけは異なり、一般的な賃貸住宅と同じ仕組みです。しかし入居の条件として一定の年齢に達している事などが挙げられます。全体的に高齢者に配慮した設備や造りになっています。

建物全体がバリアフリーになっている。
一般的に部屋の間取りは1Kや1DK、1LDKになっている。
手すりが設置されている。
キッチンは安全なIHクッキングヒーターになっている。
セキュリティーが充実している。
オプションで家事の代行サービスなどがある。
専用のシャトルバスがある。

老人ホームとは費用の面からも異なる点はたくさんありますが、子どもが家を出て夫婦二人だけでは広すぎたり、連れ合いをなくして一軒家に自分ひとりでは管理も大変などといった理由で、自宅を処分し高齢者専用住宅に移り住む方も増えてきています。心の介護も出来る事からの動きだと思います。

将来的に介護ケアーが必要になった場合に入居を続ける事が困難な事も含め、老後の過ごし方の一つとでして選択肢に加えてみては如何でしょう。

Valuable information

メガネ アイワ 葛西
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AF

Last update:2017/1/23

 

↑TOPへ